ロゴ
HOME>Column>ベッドを変えれば一日が変わる!自分に合ったベッドを見つけよう

ベッドを変えれば一日が変わる!自分に合ったベッドを見つけよう

寝室

ベッドの種類とそれぞれの特徴について

ベッドには実にさまざまな種類がありますが、家庭用として最も一般的なものとしては収納タイプのものが挙げられます。収納タイプは、下部分が引き出しになっていたり、マットを跳ね上げることで収納出来るようになったりしているものがあると言えるでしょう。次に挙げられるのは高さが低いタイプであり、フレームが床に付いたフロアタイプや、脚が短いロータイプのものがあります。フロアタイプは部材が少なくて済むため価格が比較的安く、ロータイプはマットの下部分に空間があるため通気性が良いというメリットがあると言えるでしょう。その他にも、マットを置く部分が高い位置にあるため、下部分に机などを置けるロフトタイプや、日中は折りたたんでおけるという折りたたみタイプなどがあります。

枕

自分に合ったベッドの選び方

ベッドを選ぶ際に一番重要なポイントは、シングルからキングまであるサイズから自分に合ったものを決めるということです。例えば一人用であれば、シングルとセミダブルがありますが、大柄の人の場合は一番狭いシングルだと窮屈な場合があるため、余裕をもってセミダブルを選ぶのもよいでしょう。そして二人用であれば、余裕が欲しい場合はクイーンサイズやワイドダブルが良いと言えますが、コンパクトなものがいい場合はダブルを選ぶとよいと言えます。次に挙げられるポイントは、高さをどうするかということであり、部屋を広く見せたい場合であれば、フロアタイプなどの低いタイプを選ぶとよいと言えるでしょう。さらに挙げられるポイントは、収納の有無であり、部屋に収納が少ない場合は、収納の有るタイプを選ぶと便利だと言えます。